江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

沿革

江別市立病院の沿革をご紹介します。

病院の沿革

昭和26年4月 江別町立病院開設(825m2病床数28内科、外科、放射線科)
11月 耳鼻咽喉科新設
27年4月 江別市国民健康保険事業の直営診療病院となる
6月 産婦人科新設
10月 小児科、眼科新設
29年7月 市制施行に伴い市立江別国民健康保険病院と改称
30年4月 院内に附属准看護婦養成所を設置
6月 呼吸器科新設
7月 精神神経科新設
32年7月 市立江別総合病院と改称
33年2月 准看護婦養成所完成(旧看護学院)(849.75m2
9月 准看護婦養成所を市立江別高等看護学院と改称、進学コースを設置
36年8月 整形外科新設
12月 救急病院告示承認
44年4月 皮膚科、麻酔科新設、院内保育所開設
6月 江別市入院助産施設併設
9月 歯科新設
45年9月 看護婦宿舎「飛鳥寮」完成
54年4月 高等看護学院特別会計設置
55年3月 結核病棟(60床)の廃止提案
(病床数:453…一般:228、精神:205、伝染20)
7月 市議会で病院再建対策特別委員会を設置
12月 結核病棟(60床)の廃止承認
56年3月 自治省が病院事業準用再建計画を承認
7月 麻酔科ペインクリニック新設
58年1月 泌尿器科新設
6月 歯科診療廃止
59年1月 新外来棟新設(3,950.65m2
4月 夜間急病診療部門開設(内科、小児科---市から引継)
61年1月 全身用CTスキャナー導入(シーメンス)
62年3月 市議会で病院再建対策特別委員会を廃止(昭和55年度から61年度の7年間にわたる病院事業準用再建計画が完了)
平成 3年5月 医事窓口改修工事(受付窓口のオープン化)および薬局調剤室増築工事の完成
11月 受付料金精算事務および診療報酬請求事務の電算化開始
4年2月 医事受付事務および精算請求事務の委託開始
5年1月 薬袋印字システム導入
3月 薬剤管理システム導入
8月 訪問看護準備室の設置(訪問看護による在宅指導の実施)
6年8月 病院システム実施設計業務委託
10月 病院建築基本設計業務委託
7年11月 病院建築実施設計業務委託
8年10月 院外処方箋の発行開始
(小児科、整形外科、産婦人科、耳鼻いんこう科、眼科、麻酔科)
11月 新病院建築に係わる主体建築工事および付帯設備工事契約締結
(建物完成平成10年9月)
(地上5階地下1階RC一部SRC造延床面積25,662m2
9年4月 新病院の上屋工事が始まる
7月 外来受付予約診療開始(一部)
病棟での薬剤管理指導の開始(外科)
9月 X線骨密度測定装置の新規導入
コンピューターラジオグラフィー(FCR)の導入
10年9月 建築工事、付帯設備工事竣工
12月 江別市立病院開院
市立江別総合病院から「江別市立病院」に改称
11年6月 外構工事完了
10月 院外処方箋発行の全科実施
12年4月 指定居宅介護支援事業所設立
13年3月 倉庫・病歴室増築(326.7m2
14年11月 日本医療機能評価機構認定病院となる
15年8月 ホームページ開設
10月 臨床研修指定病院となる
12月 地域医療連携室開設
16年4月 経営診断を実施
16年4月 医療相談室・医療安全管理室を設置
17年4月 組織改編し、診療技術部・医療安全管理部、医療情報部を新設
5月 院内全館禁煙を実施
12月 マンモグラフィ撮影装置導入
18年2月 経営健全化計画策定(H18~H22年度)
6月 精神科1病棟に縮小(130床→59床)し、作業療法室等に改修
8月 内科病棟一部休棟
10月 内科医不在となる
夜間急病診療所を市に移管
11月 外部有識者による市立病院あり方検討委員会発足(翌2月に答申)
内科医1名採用
一般病棟入院基本料7対1
12月 分娩受け入れ中止
19年1月 内科医2名体制
2月 院内プロジェクト委員会発足(5月に提言)
4月 内科医5名体制
5月 産婦人科医不在となる
7月 院内プロジェクト課題別検討チーム発足(9月に報告会)
8月 内科医6名体制
10月 副看護部長を2名から5名体制に強化
20年2月 江別市立病院経営健全化計画策定(H20~H22) 
3月 病院機能評価認定更新(Ver.5.0)
4月 総合内科新設、内科病棟再開(内科医10名体制)
給食業務、中央材料室業務を外部委託
5月 一般病棟入院基本料10対1
6月 外部有識者による市立病院経営健全化評価委員会設置
7月 診療費等のクレジットカード払いを導入
10月 産婦人科医師(短時間勤務)1名採用
外部委託による24時間院内保育所の運営開始
21年2月 江別市立病院経営改革プラン(公立病院改革プランの概要)策定
マルチスライス64列CT装置導入
4月 産婦人科病棟再開
産科再開後出産第1号(H21.4.24)
看護職の副院長職設置
5月 臨床化学自動分析装置導入
インフルエンザ対策専門委員会設置
11月 分娩室を改修しLDR室を2室設置
一般病棟入院基本料7対1
22年2月 産科再開後出産100人目誕生
ホームページリニューアル
4月 循環器科再開・産婦人科診療体制拡大
訪問看護ステーションいたわり開設
5月 総合内科医教育センターを設置
10月 総合内科医養成研修センターの指定を受ける
23年3月 産婦人科  高度生殖医療(体外受精)スタート
3月~4月 東日本大震災  医療支援チームを宮城県気仙沼市、岩手県陸前高田市に派遣
24年3月 血管造影装置導入
4月 DPC準備病院となる
25年1月 病院機能評価認定更新(Ver.6.0)
27年2月 電子カルテシステム稼動
7月 敷地内全面禁煙を実施
28年3月 1.5テスラMRI装置導入
4月 DPC対象病院となる
5月 地域包括ケア病棟開設
7月 産婦人科 高度生殖医療を休止
29年3月 江別市立病院新公立病院改革プラン策定
このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。