江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

診療科・部門

江別市立病院・臨床工学科のご案内です。

臨床工学科の理念

臨床工学科イメージ

『医療機器の安全性、信頼性の確保に努力し、医師などの他の医療関係者 と共同して医療機器に従事し、責任を持って高度な医療機器を正確に操作 ・管理する。』

臨床工学科・臨床工学技士とは

臨床工学技士は医療機器の専門医療職で、CE(Clinical Engineer)が正式略称ですが、一般的にME(Medical Engineer)と呼ばれております。 医療機器が多用される医療分野において、安全かつ円滑に医療を提供するために医学的な知識のみでなく、工学的な知識と技術を持つ専門家として臨床工学技士が活躍しています。
我々臨床工学技士は高度な医療機器、特に生命維持装置の操作・保守・点検を生業としています。

臨床工学科の概要

スタッフ

臨床工学技士10名、非常勤職員(MEセンター内助手)1名
うち1名、第1種ME技術実力検定
うち2名、3学会合同呼吸療法認定士
うち6名、透析技術認定士

業務内容

人工透析室業務 腎不全患者さんに行なわれる人工透析(血液透析)に関する業務全般、血液浄化装置の操作・保守・点検・管理や治療に必要となる水処理装置の管理を行なっています。
手術室業務 麻酔器・医用モニター・除細動器・無影燈・手術ベットなど、手術室内の医療機器の保守・点検を行っています。
心臓カテーテル室業務 ポリグラフ・IVUS(血管内超音波)・IABP(大動脈内バルーンパンピング)・PCPS(経皮的心肺補助法)・除細動器などの医療機器の操作・保守・点検を行なっています。
MEセンター業務 中央管理された医療機器の運用、保守・点検を行っています。

※現在、輸液・シリンジポンプ関連122台、人工呼吸器10台、除細動器14台のほか、
低圧持続呼吸器・ネブライザー各種・酸素テントなどの機器の中央管理のほか、エアーマットや
センサーマットなどの看護備品関係の取り扱い支援も行っています。


人工透析室のご案内

当院では、医師、看護師、臨床工学技士がチーム医療体制を組み、患者さんの訴えやご要望に対応できるよう努めています。また、患者さんや家族の方が安心して透析治療を受けることができるよう受け持ち制を採用しています。

食生活への支援は、管理栄養士が毎月テーマを決めて患者さんのベッドサイドで相談を実施し、きめ細かい指導ができるよう取り組んでいます。


設備等のご紹介

  • 透析ベッド数 21床
  • 休憩室、更衣室、ロッカー室をご用意しております。
  • テレビはテレビカードを購入して頂き、見ることができます。(1,000円のカードで1,400分ご覧いただけます。)

透析時間

時間帯
1部(8:00~12:30)
2部(13:30~18:30)

※平成22年度より完全2部制となりました。

外来診療の予定

外来診療表はこちら
このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。