江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

各部のご案内

江別市立病院の看護部についてのご案内のページです。

当院の看護職員希望の皆さんへ 職員募集

病院見学会 就職セミナー 専門看護師 認定看護師

看護部の理念・方針・目標

看護部の理念

人と人との関わりを尊重し、いたわりの心でケアの提供を目指します。

看護方針

  • 1,私達は、安全で安心・信頼される看護を提供いたします。
  • 2,私達は、患者さんとその家族の意思を尊重した看護支援を行います。
  • 3,私達は、医療に携わる専門職として、相互理解と協働でチーム医療を実践します。
  • 4,私達は、自己の研鑽に努め、豊かな人間性と倫理観をもって、個別的な看護実践を行います。

看護目標(平成29年度)

1.患者さんの個別性を理解し、患者さん・ご家族の意思決定を支援する看護を実践します。

2.組織の一員として看護の質を高めるために自己研鑽し、共育する職場づくりをします。

3.専門職として、患者主体の接遇を行います。


看護部の組織

組織・勤務時間

看護部組織体制 看護部長
副看護部長3名(業務・物流担当、教育・医療安全担当、総務・感染対策担当)
各病棟・看護単位等に看護師長、副看護師長
看護体制 一般病棟   ( 7:1 入院基本料 )  地域包括ケア病棟(13:1)
精神病棟   ( 13:1 入院基本料 )
看護提供方式 江別市立病院モジュール型継続受持方式
勤務体制 外来 日勤体制 8:30~17:00
病棟 3交替制
日 勤 8:30~ 17:00
準夜勤 16:30~ 1:00
深夜勤 0:30~ 9:00
手術室 日勤体制(時間外は拘束体制) 8:30~17:00
人工透析室 日勤体制
早番 7:00~15:30  遅番 11:00~19:30
救急診療室 夜勤体制 16:30~ 9:00

看護単位

5F 東5病棟(地域包括ケア病棟)
西5病棟(内科・循環器科)
4F 東4病棟(整形外科・内科)
西4病棟(外科・泌尿器科・消化器科)
3F 東3病棟(内科・小児科・耳鼻咽喉科)
西3病棟(産婦人科・小児科・眼科・麻酔科)
2F 2階外来/手術室/地域連携・訪問看護ステーション
透析室/医療安全管理室/精神リハビリテーション室/ボランティア室
1F 1階外来/救急診療室/南1病棟(精神科)

キャリアアップ

新人看護職員教育

新人看護職員にはプリセプターシップを導入した屋根瓦式体制で指導・育成の支援を職員全員で行うことで、共に支え合い成長することを目指しています。

新人看護職員研修風景

医療機器操作演習①医療機器操作演習① 医療機器操作演習②医療機器操作演習② 静脈内注射演習静脈内注射演習
救急蘇生法演習救急蘇生法演習 気管内吸引演習気管内吸引演習 施設・防災研修施設・防災研修

中途採用者教育

中途採用職員が新しい職場で経験と能力が発揮でき、職場に定着して共に成長できるよう各部署で支援を行うよう努めています。
研修は、当院の概要及び病院、看護の理念・方針を理解し、組織における看護専門職員としての自己の役割を知ることを目的に、集合研修を年2回実施しています。
個々の実践能力に応じて院内の各ラダーレベル教育に移行します。

院内教育1

クリニカルラダーレベルⅠ  新人看護職員研修
研 修 内 容 期 間 目 的
①新人見学会
0.5日
入職前に職場環境に慣れ、不安や戸惑いを軽減することができる。
②新規採用者
 オリエンテーション
7日間
当院の概要および病院、看護部の理念・方針を理解し、社会人として、看護師としての自覚が持て、江別市民への責任を果たすための心構えができる。
新人看護職員技術
トレーニング
4月中4日間
5月以降は
毎月1回
日常生活援助のための基本的技術・態度を理解するための知識を得る。
新人看護職員6ヶ月
フォローアップ研修
0.5日
採用6ヶ月を経て、自己の状況を表出でき(悩み・迷い等)共に今後の課題を見出すことができる。
メンタルヘルス研修
0.5日
(年2回)
メンタルヘルスサポートとして自分自身のストレスとの付き合い方を知る。
多重課題研修
(シミュレーション研修)
1日間
多重課題に対し、優先順位が判断でき安全に看護業務が遂行できる能力をつける。
クリニカルラダーレベルⅡ 2年目以降も臨床実践能力向上と看護師個々の成長を目指して、段階を踏んだ
プログラムが組まれています。
研 修 内 容
期 間
目 的
①2年目研修
 (プロセスレコード)
1日間 事例の看護場面を通し患者理解を深め、その人に添った看護行為であったか振り返ることができる。
②ケーススタディ発表 0.5日 受け持ち患者と継続的に関わり、責任を持って主体的に看護を展開できる。看護問題をアセスメントから結果まで分析し考察できる。
③3年目研修
 (看護過程)
1日間 事例を通し自己の看護を振り返り、看護過程の理解を深め、看護実践に生かすことができる。
④プリセプター研修
 (実地指導者)
0.5日(年2回) プリセプターとしての役割発揮に必要な知識・指導方法を習得できる。
⑤プリセプター
 フォロー研修
0.5日(年2回) プリセプターとしての自己の振り返りをし、今後の指導のあり方を整理できる。
クリニカルラダーレベルⅢ
研 修 内 容 期 間 目 的
①リーダーシップ研修 1日間 チーム全体を見ながら、状況に合わせたリーダーシップを発揮できる能力を養う。
②サポーター研修 0.5日
(年1回)
新人看護職員・プリセプターを支援しながら、サポーターとしての役割を発揮できる能力を養う。
③サポーターフォロー研修 0.5日
(年2回)
サポーターとしての自己の振り返りをし、課題共有と解決策を見出す。
クリニカルラダーレベルⅣ
研 修 内 容 期 間 目 的
レベルアップ研修Ⅰ
    (看護倫理)
1日間 看護倫理を理解し、日常の看護ケア、臨床場面において倫理的視点を養い、倫理的問題を解決する方法を学び、看護職としての役割が発揮できる。
クリニカルラダーレベルⅤ
研 修 内 容 期 間 目 的
レベルアップ研修Ⅱ
    (ナラティブ)
1日間 看護経験を語り合いながら「自分が大切にしている看護」を表現できる。
  管理者研修  
研 修 内 容 期 間 目 的
副看護師長研修 1日間 副看護師長の役割を遂行するために必要な知識の習得と、患者満足度の高い看護サービス提供を目指し、能力開発と人材育成を図る。
看護師長研修 1日間 看護管理者として、時代の変化に対応するマネージメント能力の開発と人材育成を図る。
  中途採用者研修  
研 修 内 容 期 間 目 的
中途採用者研修
(正職員・非常勤)
1日間
(年2回)
当院の概要および病院、看護部の理念・方針を理解し、組織における看護専門職としての自己の役割を知ることができる。

院内教育2

教育委員の企画運営によりタイムリーな内容で年間研修がくまれています。


項 目 目 的 内 容 実施月
講演会 進歩する医療に伴う知識、技術の修得をする。看護の基本を確認し、自己啓発への動機づけとする。 ・医療全般
・看護領域に関するもの
・一般教養
年5回以上
研究発表 日常の看護実践を見直し、分析、評価、考察することで看護の質の向上を図る。発表会を互いに成長の場とし、各部署における学習の意識・意欲を高める機会とする。 ・事例研究
・調査研究
・その他の研究
7月
看護研究実践コース 看護研究の一連の過程を修得し実践することで、看護研究のレベルアップを図る。 個人または共同研究の発表 通年
救急蘇生法 一次救命処置に対する知識・技術を学び、急変時に対応することができる。 ・BLS
・AEDの実際
毎月2回
TQM活動
(小集団活動)
TQM活動とは、問題解決の手法を用いて業務改善を図るため各グループでテーマを決め、他部門と一緒に職場の活性化と患者中心の医療を目指す活動です。毎年2月に活動内容とその結果を発表します。ポイントは”楽しくやる!”ことです。
《テーマの一例》
 所属「訪問看護ステーションいたわり」/グループ名「いたわり46」
 テーマ:「ねえねえ知ってた?○○さんはいたわり中」
     ~訪問看護利用患者を見える化し、タイムリーな調整で患者・家族に安心して退院してもらおう~
 コラボレーション先:西5・東5・東3病棟、近隣の居宅介護支援事業所、他事業所の訪問看護ステーション
TQM活動 TQM活動
TQM活動

キャリア支援


病院からの支援を受け、今までに各分野の専門・認定看護師が誕生しています。

専門看護師 平成22年度 北海道医療大学 老人看護専門看護師教育課程 1名
認定看護師 平成18年度 北海道医療大学 緩和ケアコース 1名
平成24年度 北海道医療大学 がん・化学療法看護 1名
            皮膚・排泄ケア 1名
平成25年度 北海道医療大学 がん・化学療法看護 1名
            感染管理 1名
平成26年度 北海道医療大学 皮膚・排泄ケア 1名
平成27年度 北海道医療大学 認知症看護 2名

また、当院では、下記の有資格者が勤務しています。

認定看護師 感染管理 1名
救急看護 1名
その他 特定行為に係る看護師研修修了者 1名

看護部の教育委員会主催の院内研修以外に、各委員会・医療安全管理室・専門看護師・認定看護師・診療技術部門などが主催する研修会に参加することで、幅広く学習できる機会もあります。


その他、道内・道外における各種研修・学会等参加の機会があります。

江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

平成29年度の病院見学会は終了しました。
施設見学等をご希望の方は、下記連絡先までお電話をお願いいたします。

平成28年度は、新規採用者の病院見学会を計2回(5、8月)実施しました。
病院見学会に来院された看護学生の皆さんからは、「職員の方々が明るく雰囲気がよい」「新人研修の内容が充実していて安心して働けそう」「多職種チームで市民に医療を提供しており大変魅力を感じた」という感想をいただきました!
平成29年度の病院見学会(平成30年度新規採用者向け)の日程については、以下の通りです。

病院見学会

病院見学会風景

看護部長説明看護部長説明 副看護部長説明副看護部長説明
院内見学①院内見学① 院内見学②院内見学② 院内見学③院内見学③
研修風景ポスター研修風景ポスター 先輩看護師との交流①先輩看護師との交流① 先輩看護師との交流②先輩看護師との交流②
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

平成29年度の合同病院説明会参加は終了しました。

マイナビ就職セミナー
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

平成29年度は、笑顔が素敵な8名の新人看護職員が入職しました。
新人看護職員が、スタッフ・患者さん・ご家族とよりよい人間関係を構築しながら、看護職としての自覚・責任をもってチームの一員として役割が発揮できるように、全職員で支援していきます。

新人看護職員では、多職種の先輩スタッフから熱心な指導を受け、現在、臨床現場で看護職としての知識・技術・態度などの習得と実践に向けて日々努力しています。

このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。