江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

診療科・部門

江別市立病院・麻酔科のご案内です。

主な対象疾患等

対象疾患一覧
  • 頭部および顔面痛 三叉神経痛、偏頭痛、難治性頭痛、むち打ち症、痙性斜頚など
  • 非疼痛疾患 突発性難聴、顔面痙攣、顔面神経麻痺、眼瞼痙攣など
  • 慢性疼痛 脳梗塞後の痛み、線維筋痛症、脊椎手術後の疼痛、高齢者の痛みなど
  • 疼痛性疾患 帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛、脊椎関節症、脊椎圧迫骨折、手術を望まない脊椎ヘルニア、変形性膝関節症、肩関節周囲炎など
  • がん性疼痛管理、緩和ケアおよび在宅ホスピスケア
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

診療方針

  神経ブロック治療、東洋医学治療とオピオイドなどの内服治療により、難治性疼痛の緩和をはかり、質の高い生活(QOL)を実現するように各診療科と連携しながら入院外来治療をしています。

  特に、高周波熱凝固による脊髄後枝内側枝ブロック、神経根ブロック症例数では、札幌圏で上位3位に入り、眼瞼痙攣、顔面痙攣、痙性斜頚に対するボトックス療法では、江別、岩見沢医療圏で、代表的な施設となっています。また、圧迫骨折に対する椎体減圧術など最先端の神経ブロック治療も精力的に行っています。

  緩和ケアでは、WHOがん疼痛治療法をベースとしながら、外科的治療や放射線治療、神経ブロック治療、オンサイコロジーなどの包括的治療と疼痛以外の症状に対する症状緩和も行いながら、訪問看護室、地域医療連携室と密に連携しながら、在宅ホスピス治療を積極的に行っています。

江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

担当医師

職名 氏名 専門分野 主な所属学会・専門医等
主任部長 太田 孝一
(おおた こういち)
ペインクリニック
緩和ケア
日本麻酔学会指導医
日本ペインクリニック学会認定医
日本麻酔学会評議員
米国麻酔学会正会員
世界疼痛学会正会員
主任部長 長井 洋
(ながい ひろし)
麻酔 日本麻酔科学会専門医
部長 杉目 史行
(すぎめ ふみゆき)
麻酔 日本麻酔科学会指導医
部長 中郷 あゆみ
(なかごう あゆみ)
麻酔 日本麻酔科学会専門医
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

主な診療実績

実績一覧(平成29年1月~平成29年12月)
  • 高周波熱凝固による脊髄後枝内側枝ブロック 187例
  • ボトックス治療 101例
  • 持続硬膜外鎮痛法 32例
  • 高周波熱凝固による三叉神経ブロック 25例
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

外来診療の予定

受診される際は、下の外来診療の予定を必ずご確認ください。

外来診療表はこちら
このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。