江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

診療科・部門

江別市立病院・整形外科のご案内です。

主な対象疾患等

  整形外科で扱う疾患は、人体のなかで運動器と呼ばれる骨、関節、靭帯などに起きた外傷(骨折、脱臼、靭帯損傷など)や加齢による変性疾患です。上肢では、骨折、脱臼、靭帯損傷などの外傷をはじめ、肩関節周囲炎、変形性関節症などの変性疾患、手にしびれを起こす手根管症候群や肘部管症候群などの神経障害、手指、手関節の使い過ぎによる腱鞘炎などの治療を行っています。

  下肢では、骨折、靭帯損傷、半月板損傷、アキレス腱断裂などの外傷や変形性関節症、外反母趾、乳児の先天性股関節脱臼などの治療を行っています。脊椎では、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、頚椎症、後縦靭帯骨化症、脊椎すべり症などの疾患を治療しています。その他、骨粗鬆症の治療も行っています。

担当医師

職名 氏名 専門分野 主な所属学会・専門医等
診療統括監 岸本 隆史
(きしもと たかふみ)
下肢(股関節、膝関節、足関節、足部など) 日本整形外科学会認定専門医
主任部長 松本  修
(まつもと おさむ)
上肢(手指、手関節、肘関節、肩関節など) 日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション認定医

手術について

  火曜から金曜までの午後(午前中に行う場合もあります)に行っています。手術の内訳は、種々の外傷や上肢の絞扼性神経障害手術、股関節や膝関節の人工関節置換術、膝関節の関節鏡視下手術(靭帯再建術、半月板切除術など)など多岐にわたっています。

時間外診療について

  火曜と金曜(午後5時~翌朝8時30分)各4回と土曜(朝8時30分~日曜朝8時30分まで)と日曜(朝8時30分~月曜朝8時30分まで)各1回の1か月に合計10日間、年間120日を担当しています。

外来診療の予定

受診される際は、下の外来診療の予定を必ずご確認ください。

外来診療表はこちら
このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。