江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

診療科・部門

江別市立病院・泌尿器科のご案内です。

主な対象疾患等

  泌尿器(腎臓、尿管、膀胱、尿道)と男性生殖器(前立腺、精巣、精巣上体、陰茎)およびその他の後腹膜(副腎など)の疾患を対象としています。

悪性腫瘍(=がん)や良性腫瘍
  • 症状がなくても、放っておくと症状が出たり、命を危うくする。
    腎臓がん、腎盂がん、尿管がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣がん、陰茎がん、副腎腫瘍
排尿障害や蓄尿障害
  • 尿の勢いが弱い、途切れる、残る、近い、我慢できない、漏れるなど。
    前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、腹圧性尿失禁、夜間頻尿
尿路結石症
  • 腰や横腹が痛い、尿に血が混じるなど。
    腎結石、尿管結石、膀胱結石
尿路感染症
  • 尿が出るときに痛い、熱が出るなど。
    腎盂腎炎、膀胱炎、尿道炎、前立腺炎、精巣上体炎、亀頭包皮炎
その他
  • 水腎症、膀胱尿管逆流症、尿道狭窄、停留精巣、陰嚢水腫、精索捻転、勃起障害など
院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

ESWL

   治療が必要な腎結石や自然排出が期待できない尿管結石に対しては、体外衝撃波破砕術(ESWL)または内視鏡的手術(PNLやTUL)による低侵襲治療が中心となっています。
 当院では平成20年8月よりESWLを導入しましたが、TULについても平成26年12月よりレーザーを導入しましたので、全ての尿路の結石に対して治療が可能となりました。
 ESWLは体外で発生させた衝撃波を収束させ、体の外から結石に当てて砂状に細かく砕く治療法で、体に傷をつけることもなく安全性が高いものです。治療時間は約1時間で、日帰りの治療が可能です。しかし、ESWLでは砕けないことや、砕石片が排出しないこともあり、ESWLだけでは解決できない場合があります。
 それに対して、TULは尿道から内視鏡を挿入してレーザーなどで結石を砕いて砕石片を回収する治療法で、入院が必要となりますが確実性の高いものです。多くの場合は2泊3日で行っています。
 担当します医師はどちらの治療も十分に経験しておりますので、治療を希望される患者さんは泌尿器科外来までご相談ください。

院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

TURis

  前立腺肥大症や膀胱腫瘍に対する内視鏡手術である経尿道的切除術(TUR)は、泌尿器科において代表的な手術ですが、当院では平成20年12月よりTURisを使用開始しました。従来のTUR からTURis に変更することにより、高い切れ味を維持できる利点があるほかに、灌流液に生理食塩水を使用するために血液中の塩分濃度が低下しないなどの安全性が向上しました。

院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

TURis

  泌尿器科疾患全般にわたり、診断から内科的・外科的治療および治療後フォローまでをカバーします。根拠に基づいた医療を前提に、患者さんへの十分な説明と同意を原則として、他の診療科や他の病院とも連携して、親身な診療を心掛けています。

院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

担当医師

職名 氏名 主な所属学会・専門医等
主任部長 佐藤 聡秋
(さとう そうしゅう)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
部長 佐藤 択矢
(さとう たくや)
日本泌尿器科学会専門医・指導医
泌尿器腹腔鏡技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

2017年度より2名に増えましたので、外来の待ち時間が以前よりも改善されています。

院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

TURis

最近5年間の主な手術件数(2012年~2016年の間の1,474件のうち)
  • 腎全摘術・腎尿管全摘術(腎がん・腎盂尿管がんに対する手術) 17件
    このうち腹腔鏡手術は15件
  • 経尿道的膀胱腫瘍切除術(膀胱がんに対する内視鏡手術) 170件
  • 経尿道的前立腺切除術(前立腺肥大症に対する内視鏡手術) 148件
  • 上部尿路結石に対する手術:ESWL 152件、TUL 100件
院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

その他

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の外科手術・治療情報のデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の医療機関が手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
NCDに登録する際には、患者さんの氏名やカルテ番号等の個人を識別できる情報は登録しませんので、個人情報が外部に漏洩することはありません。
なお、NCDへの登録を希望されない方は主治医にお申し出ください。

関連サイト
一般社団法人 National Clinical Databaseホームページ
患者さん向け資料  

院長あいさつ・基本方針 - 江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

外来診療の予定

受診される際は、下の外来診療の予定を必ずご確認ください。

外来診療表はこちら
このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。