江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。

お知らせ

江別市立病院からのお知らせをご紹介しております。

head
江別市立病院の役割とあり方を検討する委員会 答申書が提出されました
[ 2020-02-06 ]

令和2年2月5日、江別市立病院の役割とあり方を検討する委員会(西澤寛俊委員長)から三好昇市長に答申書が渡されました。令和元年8月15日に市長から、市立病院が、江別市と近隣市町村を含む地域において、必要とされる医療を継続的に提供できる体制を確保するため、市立病院が担うべき役割と診療体制、経営安定化、公的支援等の水準について諮問していたもので、委員会は計10回(全体委員会7回、専門委員会3回)開催され、議論が行われてきました。

なお、経営形態のあり方に関しては、委員会において継続審議が必要と判断され、引き続き調査審議を進めることになりました。

添付資料
(1)答申書
(2)答申書参考資料

※答申書 等は、下記『添付ファイル』から圧縮ファイル(zip形式 3.9MB)をダウンロードし、解凍してご覧ください。

foot

添付ファイル

その他の記事

このページのトップへ
江別市立病院 - 市民の健康の増進と福祉の向上のため、地域の中核病院としてまちづくりに貢献します。